キャッシング限度額の引き上げ

 

キャッシング限度額の引き上げ

キャッシングの限度額は、まずは契約時の審査で決まります。

 

が、しばらく使っているうちに、「もう少し、枠があっても、返済しきれるように思う」とか、「この金額が上限では、使い勝手が悪い」といったように感じることもあるでしょう。

 

 

業者に見直しを依頼することも可能です。

 

業者によって、これまでの返済状況で、一定の条件さえ満たしていれば、すぐに枠を広げてくれるようなところもあれば、もう一度詳細に審査し直すところもあるようです。

 

決して無理なことではありません。

 

これまで延滞をほとんどしたことがない、他社からの借入金もまったくないか、あっても少額……ということは条件として必要でしょう。

 

また、転職して収入が不安定になったり、会社の経営が悪くなって、給与水準が落ちたと場合も、難しくなるでしょう。

 

この場合、逆に貸し付け限度額が引き下げられる可能性もあります。

 

また、2010年に貸金業法が改正され、「総量規制」が設けられました。

 

キャッシングなど無担保ローンの借入金の総額は年収の三分の一を超えてはいけないことになりました。

 

これはちゃんと業者間でチェックできるシステムになっていますので、「黙っていればOK」というものではありません。

 

また、50万円を超す貸し付けや、他社も含めると貸付総額が100万円を超える場合、年収を証明する書類を添付する必要があるようになりました。

 

このように、次第に限度額に関しては、引き上げが難しい状況になっているし、枠があっても現実にはぎりぎりまで借りるのも難しくなっていると考えていいでしょう。