キャッシングの利用限度額をきちんと確認しましょう

キャッシングの利用限度額というのは、二つの種類で考える必要があります。

 

ひとつはキャッシング業者の決めるものです。

これはあなたの「信用力」で決まります。信用力とは、「お金をちゃんと返してくれそうな能力」と言い換えてもいいでしょう。
そのために、安定した職業についているか、収入はいくらあるかといったことが、加入審査では大事になってくるのです。
また、過去の返済状況も調べられます。これは「信用情報」といって、金融業者が互いにデータを出し合い、共有しています。
まともな業者であれば、必ずこれを照会します。
もし、過去にちゃんとお金が返せなかったようなことがあると、たちどころにばれてしまいます。もちろん大きなマイナスポイントです。
もし、大きな問題がなければ、最初の利用限度額は50万円ぐらいになることが多いようです。

 

もう一つの種類とは「総量規制」です。

これは2010年から法律で決められています。

 

「無担保での借金の上限は年収の3分の1まで」というものです。これは複数の業者に借金あれば全部合わせて計算します。

 

もし、年収が600万円であれば、200万円までということです。

 

これをそのまま当てはめると、パートもやっていない専業主婦などは自身の収入はゼロで、利用限度額も「ゼロ」ということになってしまいます。

 

この場合は、夫の「信用力」を審査して貸し出し上限額が決まることになります。夫の同意なしにはこの書類も整いませんので、黙って審査を受けることはできなくなりました。