カードローン、カードキャッシング、ショッピングローン、ショッピングクレジットなどなど、
似たような名前で、似たようなサービスがあります。

 

また、これらを解説する人もしばしば混同しているようです。

 

カードローンとカードキャッシングは元々別のところから始まっています。
どちらもカードで借りるお金の引き出し、借りたお金の返済ができます。

 

が、もとはカードローンは大きな金額の分割払い、カードキャッシングは小さな金額の一括返済といった違いがありました。が、いまでは両者ともサービス内容を広げた結果、ほとんど同じようなものになっています。

 

その状況の中で、さらに紛らわしいのが、「ショッピングローン」でしょう。
カードがないだけで、カードローンとほぼ同じと考えていいでしょう。また、カードローンのつもりでこの言葉を使っている人もたくさんいます。

 

 

が、あえて厳密に違いを気にするのならば……

 

カード&ATMでお金の引き出し・返済ができるのがカードローン。

 

カードなし、現金も用いず、代金分は借りてサービスや商品の購入をするのが、ショッピングローン。

 

……ということになります。

 

では、ショッピングローンの場合、どうやってその場の支払いを済ませるかといえば、
一回一回、書面を作る必要があります。

 

その場合、免許証など身分を証明するもの、印鑑などが必要になることが多いようです。

 

もちろん、先にローン会社と契約を済ませておく必要があります。また、購入ごとにこのような手続きが必要なことから、利用できるお店も少ないようです。