個人信用情報って何?

個人信用情報って何?

「借金を踏み倒して、ブラックリストに載る」
「金融業者の間で、ブラックリストが出回っている」
などといった話を聞いたことがありませんか?

 

「ブラックリスト」などというと、人の名前が一覧になっていて、プリントアウトされたようなものが想像されるのではないでしょうか。

 

が、そういった形ではありません。ですから、「ブラックリスト」ということでいえば、「そんなものはない」といってもいいでしょう。

 

ブラックリストといった時には、その個人の「信用情報」のことを指していると理解していいでしょう。

 

金融業者の間で、お金を借りた人の氏名、生年月日、住所、勤務先などのデータを共有するシステムがあるのです。
これには、借り切れた金額、返済の状況などがきっちりと分かるようになっています。

 

もし、返済が滞ったことがあるのならば、それもちゃんと記録されています。

 

このデータのことを「信用情報」といいます。この信用情報を扱う業者はいくつかあって、新規の審査をするような時には、金融業者は必ず、ここに照会します。

 

ですから、「よそにある借金のことは黙っておいて、知らぬ顔して次の業者で借りる」ということはできなくなっています。

 

そんなことをすると、バレて「信用できない人物」のレッテルを張られるだけです。より審査をパスすることが難しくなるだけでしょう。

 

さらに融資するかどうかは、個々の金融業者次第です。ブラックリストの言葉のイメージからくるように、最初から「ダメ」と決められているわけではありません。

 

提供されるのは、あくまで判断のための材料となる情報です。